彩鶏自慢鶏焼肉
賞味ください

奈良県橿原市、大和八木で美味しい鶏焼肉を楽しむなら、
「彩鶏-irodori-(いろどり)」へぜひお越しください。
当店の鶏焼肉は、適度な脂肪と心地良い歯ごたえに定評のある
奈良の地鶏“大和肉鶏”を使用。
元焼き鳥屋の経験を活かし、一羽丸々仕入れた鶏を丁寧に下処理し、
素材の持ち味を引き立ててご提供しています。
希少なホルモンをはじめ、豊富な部位をご用意していますので、
お好きなお肉を焼肉スタイルで気軽にご堪能いただければ幸いです。

壺漬けせせりめんたい

当店おすすめ
壺漬
せせりめんたい

880

※価格は全て税込みです。

鶏の首周りにあたるせせりは、プリっとした弾力と程よくのった脂が楽しめる人気部位です。そんなせせりを明太子と大葉を合わせた特製タレに漬け込み、さっぱり爽やかな味に仕上げました。ぜひ一度はお召し上がりいただきたい逸品です。

壺漬けせせりめんたい

濃厚を味わうなら…

もも
もも
かわ
かわ

さっぱり味わいたいなら…

むね
むね
ササミ
ササミ

希少なホルモンをお求めなら…

肝
心
白子
白子

店主が教える焼き方のコツ

※マウスオーバーで詳細が表示されます。

もも

もも

脂のりが良いももは、片面に焼き目が付いたらひっくり返し、中が薄いピンク色になるまでじっくり焼いてお召し上がりください。

むね

むね

脂肪が少ないむねは、焼き過ぎると固くなってしまいますので、焦がさないように両面を中火で焼いてお召し上がりください。

肝

肝は焼き過ぎるとパサパサになってしまうため、弱めの火力で片面ずつ丁寧に火を通すことで、しっとりとした食感に仕上がります。

心

心(ハツ)は、鶏の心臓にあたる歯切れの良い部位です。身の側から焼いていき、色づいたら弱火でこまめに裏返してください。

白子

白子

白子とはいわゆる鶏の精巣のこと。クリーミーさを残すために、あまり転がさず弱火でじっくり焼くのがポイントです。

ササミ

ササミ

ササミは火の通りが早いので、焼き過ぎてパサパサにならないように、中がほんのりピンク色になるまで両面をさっと焼くのがおすすめです。

タレと塩

お肉に合うタレ・薬味

鶏焼肉に欠かせないものと言えば、お肉の旨味を引き立てるタレや薬味。当店では定番の特製ダレや塩など、風味の異なるものを5種類ご用意しています。中でも店主のおすすめは塩こんぶ。またひと味違った美味しさを感じていただけます。もちろん食べ比べてお気に入りを見つけていただくのも、楽しみ方の一つです。

鶏焼肉メニュー

※価格は全て税込みです。

最上部へ